交通

小田急電鉄 時刻表 運賃はこちら

投稿日:

小田急線は東京と神奈川を中心とした鉄道で、
大きく分けて小田原線と江ノ島線、
多摩線の3路線があります。
時刻表 路線

1927年に開通した小田原線は
新宿駅と小田原駅間を結び、

時刻表は早朝5時台から深夜0時台まで、
時間帯で異なりますが

1時間に20本前後が運行しています。

江ノ島線は相模原市の相模大野駅から
片瀬江ノ島を結び、

早朝4時台から深夜0時台まで、
1時間に10本前後が運行しており、

多摩線は川崎市の新百合ヶ丘駅と
多摩市の唐木田駅を、

早朝4時から深夜0時台まで
1時間当たり7本前後の運行となっています。

なお、2006年のダイヤ改正により
小田原線と多摩線が東京メトロ千代田線及び、

JR常磐線と相互直通運転となり、
より利便性が向上しました。

 

 

小田急線の特徴やお得情報

小田急線は特に安全面に厳格な
独自の基準を設けており、

駅のホームで黄色の線をはみ出している乗客が
一人でもいた場合は運行しないという
特徴があります。

また、都心から観光地である江の島や
小田原へ手軽に行けることから、

1日の乗降客数約205万人、
年間輸送人数およそ7.5億人と
首都圏の交通に大きな貢献をしています。

小田急線には「江の島」鎌倉フリーパス」という、
藤沢から片瀬江ノ島間と江ノ島電鉄が

乗り降り自由で、
更に藤沢駅までの往復切符が付いている
お得なチケットがあります。

 

 

運賃

小田急線の運賃は最低料金が130円で、
ICカード利用の場合は124円となっています。

子供料金は基本的に大人料金の半額で、
切符の場合で10円未満の
端数が発生する場合は切り上げ、

ICカードの場合で1円未満の端数が
発生する場合は切り捨てとなります。

大人料金が適用される年齢は12歳以上で、
子供料金は6歳以上12歳未満ですが、
6歳でも小学校入学前は幼児として扱われます。

なお、幼児は1歳以上6歳未満で、
大人か子供1人が同伴する場合

2名までは無料で、3人目からは
子供料金が適用されます。

詳しくはホームページをご確認ください。
https://www.odakyu.jp/

-交通

執筆者:

関連記事

相鉄バス 時刻表 運賃はこちら

相鉄バスに乗車するなら、 事前に調べておきたいのが時刻表と路線です。 時刻表 路線 時刻表は、相鉄バスのホームページから 検索することができます。 ホームページで調べたい停留所の名前を 入力すれば表示 …

函館バス 時刻表 運賃はこちら

函館バスは会社自体は 戦前からすでに存在をしていて、 現在も函館市内に本社があります。 時刻表 路線 函館バスの時刻表はそれぞれの停留所に 掲示されていますが、 ほかにもバス会社の公式ホームページから …

近鉄 時刻表 運賃はこちら

近鉄は大阪府や京都府そして 奈良県に三重県などを走行しており、 18もの近鉄線が通っています。 時刻表 路線 近鉄の時刻表を知りたいのであれば、 目的の駅がどの路線にあるかを まずは調べていきましょう …

南海バス 時刻表 運賃はこちら

南海バスは南大阪エリアを中心に 運行しているのが特徴です。 時刻表 路線 南海バスの時刻表は インターネットのホームページ上から 簡単に検索することができます。   路線もそこで確認すること …

広島電鉄時刻表 運賃はこちら

大正時代から広島の町を走る路面電車 広島市民には欠かせない 交通手段になっています。 広島電鉄の時刻表・路線 広島電鉄では路面電車のほか 路線バスや高速乗合バスなども 運行されており、 それぞれの時刻 …