犬図鑑

キャバリア 性格 まとめ

投稿日:

キャバリアについてまとめてみました。

キャバリアの体型

キャバリアはそれほど大きな犬では
ありません、大人になったとしても、
体高は30cm~33cmほどが一般的です。

 

体重に関しては5kgから8kg程度ですので、
抱いて歩くのも苦にならないくらいの大きさです。

 

そこまで大きくないキャバリアですが、
他の犬に比べて少し太りやすい傾向があります。

 

その為、全体的な体重は増加傾向にある為、
最近では8キロくらいの大きさになる
キャバリアも珍しくありません。

 

キャバリアは小さな頃はオスもメスも
それほど大きさは変わりませんが、

 

大人になっていくにつれて
オスの方が大きめになる傾向があるでしょう。

 

骨格の特徴には見た目の可愛らしさとは違い、
がっちりとした骨格をしているので、
思った以上に大きく感じるかもしれません。

 

 

キャバリアの毛質と性格

キャバリアの毛質は

ストレート
ウェーブ

の2種類に分かれていますので、
好みの方を選ぶといいでしょう。

 

毛が絡まると毛玉が出来ますので、
毎日こまめにブラッシングをしましょう。
絡まってからではきれいにするのが難しく
トリミングが必要になりますからね^^

 

キャバリアの性格は明るくて陽気が特徴です.
人懐っこい性格と言えますね。

 

攻撃性も少ない犬のため、
他の動物とも仲良く出来るタイプです。

 

しかし寂しがり屋の一面がある為
出来るだけ飼い主と離れたくないと思っています。

 

室内で飼うのが基本になりますが、
家の中にいる時に気をつけることは
極力一緒にいる時間を増やしてあげるように^^

 

 

 

キャバリアの毛色

キャバリアで良く知られている毛色は、
白と茶色で構成されているブレンハイムです。

 

キャバリアといえばこのカラーを
思い浮かべる人も多いので、
一般的に知られている毛色になるでしょう。

 

他にも、ブラックが際立っているのがブラックタンで、
またルビーなど様々な毛色があります。

 

毛色によって見た目の雰囲気が変わってくるので
どんなタイプが好みなのか、店員さんと相談して、
お気に入りのワンちゃんを見つけてあげてください^^

 

 

キャバリアまとめ

原産国     イギリス
体型      小型 32cm位
体重      6キロ位
価格      19万円位(血統にもよる)
注意する病気  僧帽弁閉鎖不全症

おとなしい性格のキャバリアですので、
飼いやすい犬種と言えますが、

 

注意点はブラッシングを欠かさない事と、
運動不足にならないように気をつけましょう。

 

必要な運動量は、一日に二回程度で
20分くらいを目安に運動をさせる事です。

 

散歩に連れ出してあげるのもいいですし、
散歩に連れて行けない時は家の中で
運動をさせてあげたほうがいいでしょう。

 

外に出る事は、キャバリアにとってもストレス発散になります。
ただし無理をさせ過ぎないように注意してくださいね^^

 

 

 

 

 

最後にあなたの愛する愛犬が長く家族といられるように
愛情を注いで、健康ケアをしっかりしてあげてください^^

-犬図鑑

執筆者:


コメントする

関連記事

シベリアンハスキー 性格 まとめ

シベリアンハスキーについてまとめてみました。 シベリアンハスキー体型 シベリアンハスキーは日本でも人気の犬種であり、 オオカミに似た風貌を持った大型犬になります。   また、シベリアンハスキ …

ラブラドールレトリバー 性格 まとめ

ラブラドールレトリバーについてまとめてみました。 ラブラドールレトリバー体型 ラブラドールレトリバーもゴールデンレトリバーの ように大型犬のため、 飼い主さんが子供のころから 適正な体重管理をしていか …

トイプードル 性格 まとめ

トイプードルについてまとめてみました。     トイプードル体型   トイプードルは成犬で体重は 約4キロくらいと言われてます。     プードルには …

シーズー 性格 まとめ

シーズーについてまとめてみました。 シーズー体型 シーズは体重の振り幅が結構大きい 犬種になります。   標準で4キロ~7キロぐらいですね。   さらに食欲旺盛ということからも 飼 …

狆 性格 まとめ

狆についてまとめてみました。 狆の体型 狆を目にした際にバランスが取れた体型であると 感じられる理由は、体調と体高の長さが ほぼ同一である点が関係しています。   体高の平均はおよそ 23セ …