IT関連

スマートスピーカーのお勧め商品紹介

投稿日:2018年6月9日 更新日:

スマートスピーカーとは
人の声に反応して、
質問や要望に応えてくれる
スピーカーのことです。
スマートスピーカー

別名AIスピーカーとも言われ、
人工知能機能が
備わっていることも特徴で、
使用するほど学習する
賢い製品でもあります。

 

応答も音声で行ってくれるため、
機器の操作に抵抗がある人にも
受け入れられやすくなっています。

 

スマートフォンにも
音声による応答を行う
AI機能が備わっている
ものがありますが、
その卓上版と言っても良いでしょう。

 

ただ、スマートスピーカーならではの
便利な点も多いのです。

 

まず、スピーカーと名がつくように
音質は優れています

 

また、スマートフォンのように
ディスプレイが搭載されている
わけではありませんので、
回答の続きをWebで確認すると言った
手間がいらないように配慮されています。

 

画面を確認する必要がなく、
全て音声で完結できる点は、
まさにスマートを冠するのに
相応しい製品だと言えるのです。

 

スマートスピーカーでは、
ニュースや音楽を聴くことも
呼びかけるだけで可能です。

 

ホームボタンを押して、
専用のアプリをタッチして、
聞きたい音楽を選択するというような
手順を踏む必要もありません。

 

調べ物をする際に、
タイピングやフリック入力などの
文字を打つことが面倒で、
検索が苦手な方も
多いのではないでしょうか。

スマートスピーカーは検索エンジンと
連動しています
ので、
調べ物を質問するだけで
答えが返って来るのです。

 

その他にも、家電製品と連携することが
可能なものもあります
ので
電源のオンオフの切り替えや、
簡単な設定の変更なども
音声で行えるようになります。

 

普段の生活のちょっとした手間を減らし、
豊かにしてくれる機能を持っているのです。

 

多くのスマートスピーカーでは、
様々な企業や個人が独自のアプリを
開発できるようになっているため、
さらなる利便性の向上も期待されています。

 

これからの発展性が注目され、
GoogleやAmazon、SONYなどの大手企業が
参入してスマートスピーカーを
開発しています。

 

 

ここでは、それぞれの製品の
違いについて詳しくみていきましょう。

 

 

Google homeの特徴


Googleと言えば検索エンジンで有名ですが、
スマートスピーカー「Google home」にも、
その特徴が反映されています。


様々な質問に対する回答は、
検索エンジンやWikipediaなどを
基準に導き出されますが、

 

Googleのノウハウが一歩
先んじていると言えるでしょう。

 

また、特有のメリットにはGoogleの
各種サービスとの連携が
行われているということです。

 

Googleカレンダーでのスケジュール管理や、
GoogleMapの参照などが行えます。

 

案内の音声も自然で聞き取りやすく
操作性もシンプルな作りになっています。

 

デメリットを言えば、赤外線機能がないため
スマート家電ではない
普通のテレビやエアコンの
操作が面倒なことです。

 

不可能ではありませんが、
別途赤外線に対応したデバイスを購入し、
プログラミングで設定を行う必要があるため
ハードルは高いと言えるでしょう。

 

Google homeの希望小売価格は
税抜き14,000円となっています。

 

Amazon Echoの特徴


Amazon Echoの最大の特徴とも言えるのが
拡張性の高さです。

 

Amazon Echoの中枢となる
音声サービスには
Alexaと呼ばれるシステムが
採用されています。


AlexaはAmazonが提供する機能だけでなく、
サードパーティ製や個人の開発者による
独自拡張が可能となっており、

 

発展性の高さが他にはない
メリットのひとつだと言えるでしょう。

 

これらの機能は「スキル」と呼ばれ、
スマートフォンのアプリのように
自分で好きなものを
追加できる仕組みとなっています。

 

しかし、拡張性が高い反面、
操作性がやや複雑に
感じてしまうことは

デメリットだと言えます。

 

例えば、スキルを利用する場合には
呼びかけの際に、
指示内容の前に
スキル名を付けなければいけません。

 

拡張性を上手く活用するには、
利用者もスキル名を
学習する必要があるため、
少しハードルが高くなってしまうのです。

 

価格は11,980円となっており、
以前は招待制でしたが
通常通りAmazonや家電量販店でも
購入が可能になっています。

 

最大のお勧め SONY スマートスピーカー LF-S50Gの特徴


数あるスマートスピーカーの中でも
お勧めだと言えるのが、
SONYから発売されている
スマートスピーカー「LF-S50G」です。


音声アシスタントには
安定した動作に定評がある
Googleアシスタントを採用しています。

 

つまり、Googleサービスとの
連携も可能となっているのです。
日本企業ならではの
配慮が特徴でもあります。

 

例えば、防水加工されていますので、
お風呂や台所などの
水まわりに設置することが
可能なメリットがあります。

 

さらに、数々の音響機器を手がけてきた
SONYだけあって、
音質が非常に優れているのです。

 

音楽をよく聴く人にとっては
選ぶ理由のひとつになるでしょう。

 

マイクの性能も高く、
離れたところから話しかけても
応えてくれる反応の良さも、
スマートスピーカーとしては
優先度の高い性能です。

 

デメリットと言えば、
バッテリー駆動ではありませんので
電源の確保が必要になります。

 

ただ、この点はGoogle homeも同様なため、
Googleアシスタントを採用し
音質が優れている
LF-S50Gに軍配が
上がるのではないでしょうか。

 

LF-S50GのSONYストアでの価格は、
税抜き22,880円となっています。

-IT関連

執筆者:


コメントする

関連記事

関連記事はありませんでした